映画好きは見るべし

LaLaland

映画好きな人は多分好きな作品ではないかと思います。ミュージカル映画が苦手な人は少し戸惑うかもしれませんが、この作品はやはりミュージカルでかければ表現できないものを残しています。オープニングから画面一杯にカラフルなダンサーたちがハイウェイを踊り、歌う姿は見ているだけで元気が出てきます。また、主人公たちの気持ちの変化も歌が絶妙に表現してくれていて、セリフだけでは届かない部分を補ってくれています。ラストを見たあとの気持ちもセリフでは表現できない、でも見た人は主人公たちと気持ちを共有できる素晴らしい作品でした。

特にこの作品で素晴らしかったのは音楽です。

アカデミー賞を受賞したこともあり、作品を見る前から耳にしてはいたのですが、劇中に流れる全ての歌が本当に素晴らしく、楽しさや悲しさなど単純に言い表せない希望の中に微かにある不安や疑い、不安の中にある寂しさや孤独などを表現してくれていてました。前評判を裏切らない音楽たちが映画を引っ張っていっていました。
更にこの作品で素晴らしかったのは、俳優陣。ほとんど二人しか出演していないのですが、エマ・ストーンとライアン・ゴズリングが素晴らしいの一言。音楽が素晴らしく見えるのも二人の演技力の凄まじさが影響しているのかもしれないと思わせます。二人とも台詞ではなく歌とダンス、そして表情やたたずまいで表現しているのですが、ほんとに素晴らしい。ミュージカル映画の中でも頭ひとつ、ふたつ飛び抜けた作品になっています。
ラストの二人の表情がとにかく素晴らしいので、ぜひ見てほしいと思います。ただ、あまり映画を見ない人やアクションや大衆映画が好きな人は低評価になるかもしれません。
当てはまらない人でミュージカル映画は苦手と思っている人はぜひ見てみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です