「異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~」意外と面白い

私が最近面白いと感じたのは「異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~」というアニメです。
1話辺り15分程度で、やや短めのアニメとなっています。

舞台は居酒屋のぶ。
一見何の変哲もない和風居酒屋なんですが、お店の入口が異世界・古都アイテーリアに繋がってしまいました。
お店の仕入れとかは普通に出来ているので、裏口は普通の現実世界と繋がってる模様。
ただお客様の来る入口は異世界・古都アイテーリアに繋がって為、異世界絡みのお客様しかこないようになってます。

古都アイテーリアの文明レベルは中世ヨーロッパとほぼ同じ。
まあ中世ヨーロッパで生活する人に、日本の居酒屋料理を食させてみただろうなるのだろう?という所がこのアニメ最大の面白みです。

私は第一話から引き込まれました。
最初に取り上げれらた料理は「トリアエズナマ」。
そう、ビールの生中です。
私達からすれば、ビールって普通の飲み物ですよね。
でも中世ヨーロッパ人からすると衝撃の飲み物でした。
ビールだけでなくグラスまでキンキンに冷えていますし、スッキリ爽快な喉越しのお酒は初体験。
ゴクゴクゴク・・・と一気飲みしてしまう程の美味しさでした。
喉が渇いた状態で飲む、最初の一杯目のビールって犯罪的な美味しさですし、わかるわ~と共感しまくりでした。

その後も居酒屋定番メニューである鶏唐揚げ、サラダ、鮮魚のお造り、イカの塩辛等の美味しさで古都アイテーリアの住民を絶叫させていく姿は痛快でした。
中でも面白かったのは鶏唐揚ですね。
普通に食べても美味しいのにレモン汁かける事で爽やかな酸味が口に広がって・・・とビックリしたり、鶏唐揚げにピッタリなのは塩味か醤油ダレかで論争を始めたり。
唐揚げだけでなくザンギ(北海道名物の鶏唐揚げ)にまで話が発展したりと、居酒屋好きの人なら思わずニンマリしてしまうようなネタが多いですし今では欠かさず観るほど気に入ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です